なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

獣医整形外科手術
シミュレーター
Veterinary Orthopedic Surgery Simulator

iphone,ipad,Mac OS(M1),Android:現在対応中で利用可能
アプリ一つで様々なツール、プレートを使用した術前計画から
飼い主の説明まで応用可能
症例共有機能により、少ない整形外科症例の学習にも

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

あらゆるデバイスで同期、操作が可能

iphone、ipad、macなどさまざまなデバイスで操作が可能です。
アカウント登録を行うと、どのデバイスからでも同じ画像にアクセスが可能となっており、
外出先でも操作ができます。

*macには現在対応中

整形外科手術の術前計画を手助けする強力なツール

詳細なインプラント情報
さまざまな会社のインプラントを登録しております。
インプラントの正面像と側面像を使用することにより、
正確なインプラントの設置位置やスクリューの長さをあらかじめシュミレートできます。
アプリ内で完結するイメージ処理
キャリブレーションを含めたイメージ処理をアプリ内で可能
さまざまなツール表示の有無を自由にカスタマイズ可能
多種多様な画像編集ツール
目的に沿った、さまざまなツールを用意しています。
さまざまなニーズに応えるために、自由度の高い編集が可能です。

測定や、カット、回転、コメントの挿入が可能となっております。

  • 定規・円では2点間の測定や角度、直線の分割表示
  • Crescentic cutでは円弧上のカット、回転
  • Free cutでは任意のエリアを指定して、回転・移動が可能。
  • Wedge cutでは変形矯正のシミュレートに使用可能。
Implantベンディング機能
骨に沿った、インプラントの変形が可能
手術前に、事前にインプラントをベンディングする際に有効
また、インプラントをベンディングした状態でのシミュレートが可能

TPLO Flow機能で、よりスムーズな術前計画

症例共有システムによる情報共有

症例を共有することで、獣医師同士のディスカッションやgoodボタン、
術前計画の提案が可能です。
他の獣医師への、術前計画の依頼も可能です。

その他のフォロー機能

詳細なケース情報登録
シグナルメンとや骨折の種類、タイプを登録可能。
登録した骨折の種類は、フィルタによって絞り込みが可能。
お気に入り登録機能
好きなcaseをお気に入りに登録できます。
データ情報登録
ケースの各データにおける情報を登録できます。
ケース情報で手術日を登録しておくと、術後XX日をラベルで選択すると、自動的に術後の日数が計算、表示されます。
絞り込み機能
ケース情報登録の際に、骨折情報を登録しておくと、後でフィルタにより絞り込みで一覧表示が可能です。
絞り込み機能
ケース情報登録の際に、骨折情報を登録しておくと、後でフィルタにより絞り込みで一覧表示が可能です。

How to

Step.1
case情報の登録
患者の名前、品種、性別、体重、手術日を登録します。
Step.2
画像の追加
画像を、写真追加、フォトライブラリから選択します。
Step.3
画像の編集
編集ツールを使って、自由なシミュレートが可能です。
Step.4
画像の出力
画像データの印刷や、jpegとして手術室での利用や飼い主のインフォームドに利用可能です。
Step.2
画像の追加
画像を、写真追加、フォトライブラリから選択します。

Help

Collaborate (ABC順)

Download

無料で30日間のトライアル
トライアル終了後は、1500円/月でフル機能をサブスクリプション可能